40歳から遅くはないプログラマーの理由

プログラマーの仕事は、40歳からでも遅くはないのです。
プログラマーにとって大切な要素の一つに、創造力の高い発想力を必要とする事もあるためです。
創造力は、様々な経験の中からアイディアが生まれて来る事もあります。
これは、大学や専門学校を出たての若者が簡単に出来る内容ではありません。
プログラマーが必要とするプログラム言語は、システムを実行させるためのブロックの様な姿です。
ブロックの性質を知れば、誰にでも組み立てて行く事が出来ます。

特に、現在社会で活躍中の40歳から以上の人達の中には、幼少時代にプラモデルや組み立て式のラジコンなどで遊んでいた人達も多くいます。
組み立てる事が好きで得意な世代でもあり、若者以上に力を発揮できる可能性を秘めているのです。
それに付け加えて、少子高齢化時代の影響も受けながら、責任感の強い年齢層である40歳からでも遅くはないのです。
現在の若者は、従来の若者より創造力が低くなっているとも言われています。
その原因は、社会的な生産性の低い工作や音楽の時間が削られているからだとも言われています。
テレビゲームなどを初め、与えられる内容が多くあり、自ら考えて創り出す環境が減っている事も背景にはあります。

これをチャンスだと考えれば、本当に人々が求めるシステム開発を、若者よりも強い戦力として手かげて行く事が出来ます。
遅くはない理由は漫画家などを見れば歴然と知る事が出来ます。
創造力と表現力を大切にする漫画家も同じ様な姿であり、40歳以上で活躍中の漫画家はたくさんいます。
あなたのやる気をこのサイトが応援してくれますよ【40歳から始めるプログラミング

コメントを残す